小浜市の民宿|梅
小浜の民宿浜頭

お料理のご案内

若狭の味を楽しむ

若狭の旬の味、小浜の土地の味・・・若狭おばまは、味覚の宝庫です。

若狭ふぐや甘かれい、鯖や甘鯛(ぐじ)など、名前を挙げるときりがありません。

四季折々の味わい豊かな日本海の新鮮な魚介類をメインに、若狭の土地の旬の野菜を添えた、ボリューム満点の会席料理でおもてなしいたします。

若狭ふぐ

若狭は日本で最北のトラフグ養殖生産地です。稚魚から愛情たっぷりの育てたトラフグは、天然にも劣らない身質で、ふぐならではの食感と甘みが、食通もうならせます。また、生臭みも少ない白身のお魚ですので、小さなお子様も、お魚が苦手な方もお召し上がりいただけます。

てっさ、てっちり(ふぐ鍋)、ふぐの唐揚げ、焼きふぐ、てっぴ(ふぐの皮)、ふぐ雑炊、ひれ酒、ふぐの白子

ずわいがに

言わずと知れた「冬の味覚の王様」ずわいがに。同じすわいがにでも、漁場の環境により食味が異なると言われ、福井県の「越前がに」は好漁場に恵まれていることから、ぎゅっとつまった身は、甘くひきしまり、ずわいがにの中でもトップブランドの最高級品種として知られています。「越前ガニ」は蟹の中で、唯一皇室に献上されている蟹です。

ブランドマークの入った黄色いタグ付きのカニが「越前がに」の証で、越前漁港を筆頭に、三国港・敦賀港・小浜港などが越前がにの水揚げ港となっています。

また、雌のずわいがには「せいこがに」と呼ばれ、大きさは雄のずわいがにの3分の1程と小ぶりですが、小さな甲羅の中には、濃厚なかに味噌と鮮やかな朱色の内子(うちこ)が詰まっていて、それはそれは最高の逸品です。また、外子(そとこ)も、ツブツブの食感が楽しめ、雄のずわいがによりも、雌のせいこのほうが好きな方も多くいます。

※タグ付きの蟹は、時価となります